「ベンチマーキング」で戦略的なホームページ制作を

ホームページ制作のご依頼をいただき、
お客様のところに訪問する際、よくこんなご相談をいただきます。


「ホームページ作りたいんだけど、何から手をつければいいか、わからないんだよね。」


確かに、そんなイメージはあると思います。

「今から会社を設立するところだが、ホームページはどうしよう?」
「ほとんど未経験なのにウェブ担当者になってしまった!」
「制作会社に問い合わせたら、どんなホームページを作りたいのか聞かれたけど、
 それがわからなくて困っている・・・」

と、様々なケースでいただくご相談です。

そこで今回は、そんな方々にまずやっていただきたい、
「ベンチマーキング」をご紹介いたします。


■ベンチマーキングとは
160208.jpg
ベンチマークとは「参考となる指標」を意味します。
ですので、ホームページにおけるベンチマーキングとは、競合他社や、
時には異業種企業のホームページを、自社サイト制作のために参考にすること、を指します。

分析といっても、そんなに難しく考える必要はありません。

「どんなホームページを作りたいのかすらわからない」
「どんな内容を盛り込めばいいの?」

というステージから、

「ホームページを作って、こんな目標を達成したい」
「ざっくりだけど、あの企業みたいなホームページを作りたい」
「細かいことは置いておいて、この内容だけはホームページに掲載したい」

と、「なんとなく」の第1歩を踏み出すためのものと考えてください。

また、以前の記事で「競合分析」についての説明がありますが、
ここでおすすめしているベンチマーク分析は、競合他社に留まらずにもう少し広い範囲で、
ゆるく他社のホームページを見渡してみる、そんなイメージです。


■ベンチマーキングの際には、以下のポイントを意識しましょう!
1.ターゲット
ホームページ制作で最も重要なことは、
ターゲット選定だと言っても過言ではありません。

これは特に、同業他社で“うまくいっていそうな”企業を参考にしましょう。

ホームページをスミからスミまでじっくりと見ていると、
そのホームページがどの層をターゲットにしているかが浮かび上がってきます。
設定されているキーワード(見方はこちらの記事で)も、
どの層をターゲットにしているかを調べる上で、重要な手がかりとなりますので、
是非参考にしてみてください。

2.コンテンツ
コンテンツとは、ホームページに盛り込む内容のことです。
当然ターゲットをどこにするかとも関わってきます。
これは、同業他社以外にも、普段からアンテナを立てておき、
「このホームページは好感が持てるな」「買いたくなるな」と思えるホームページがあったら、
どの部分に惹かれたのかをチェックしておきましょう。

参考までに、ホームページによくあるコンテンツの一覧を記しておきます。

・選ばれる理由(独自の強みを打ち出すコンテンツ)
・業務紹介/商品紹介(必要があればカテゴリ別に)
・お取引の流れ
・価格表
・事例
・お客様の声
・会社概要
・沿革
・企業理念
・代表者メッセージ
・スタッフ・社員紹介
・新着情報
・求人情報

また、それぞれ、どこまで“深く”載せるのかというのも1つのポイントになります。
他社のホームページを参考にしながら、自社はどれくらい掘り下げるのか、
なども考えてみましょう。

3.デザインテイスト
これもターゲットと連動する部分もありますが、制作会社とのやり取りの中で、
デザインの参考となるホームページがあると、非常に話がスムーズです。
また、「このホームページの、この辺のデザインを採用したい」というように、
具体的であるほど、意図が伝わりやすくて良いですね。


■もう1つの大事なポイント
160208-2.jpg
これらを1人でやろうとすると、必ず視野が狭くなったり、意見に偏りが出たりします。
必ず複数の案が出るように、ベンチマーキングは複数の人数で行いましょう!
スリーカウントは、このベンチマーキングからお手伝いさせていただきます!!
ぜひお気軽にお問合せくださいね♪



現在県内を中心に毎月多数の企業様からお問い合わせを頂いております。
お問い合わせはこちら
電話でのお問い合わせはこちら
TEL 053-581-8781
(平日9:00〜18:00 (土・日・祝日休み))
E-mail:info@three-count.jp
>ワンポイントアドバイス一覧へ戻る
infomation.jpg